【育児4コマ】小1の夏休み

【育児4コマ】小1の夏休み

■はじめての夏休み

すでに娘の小学校は夏休みを終了してしまったのでふりかえりとなりますが、小学校の夏休みネタです。 働き方を変えるまでは「夏休み、娘をどうしよう」がずっと悩みでした。いや、今の仕事スタイル(テレワーク)にしたって、四六時中一緒なわけですよ。(夏期講習にいれそこねました!!)保育園に「夏休み」は「お盆休み」しかありませんでした。つまり、お盆時期、親が仕事を休めるときに一緒に一週間くらい登園しないというだけの。 今までは「親の生活に合わせて」だったのが、小学校は「子の生活に合わせて」親が変わらねばならない。そこは非常に大きい変化でした。 見えるところにいるから安心っていうのが第一にあったのですが、それにしても外に連れ出せるわけでもないわけで。学校にいかないというだけで完全に「毎日が日曜日」状態のフリーダムとなった娘をどうするか、1日目から悩んだのでした(笑)夏休みネタ続きます。

 

 

JUGEMテーマ:illustration

【育児4コマ】大人の歯。

【育児4コマ】大人の歯。

■歯医者さん事情

2017年6月のこと。6歳になって4ヶ月。ようやく下の真ん中の歯がぐらついていた。気になっていたのだが、私の記憶ではなんか自然に抜けたり、あと兄のときは歯を糸でくくって重厚な玄関の扉にひっかけて重力で抜いてたなあ…まぁそのうちスポッと抜けるんでしょ?くらいに思っていた。 甘かった。3週間くらいそのままだった(笑)しかも後ろに次の新しい歯が生えそろってしまっていたのだった…二枚歯…!と、あわてて歯医者へ。今までお世話になってた歯医者さんは、隣の区の駅前にある保育園の2階。今は遠くてなかなか通えないし、どうしようかなと、小学校の近くにある歯医者に突撃してみた。 そしたらすぐ診てもらえたし、しかも抜いてもらえた(笑) 「放置してても抜けませんよ」と言われた。ごめんなさい…。にしても、うちの子はおお泣きはしなかったし、怖がってはいたけどひとりでやってのけた。やっぱりいざとなればやる子なんだと思ったよ〜〜! あれから2ヶ月、次は上の歯がぐらついてきている。こうして少しずつ生え変わっていくんだな〜としみじみ感じています。

 

JUGEMテーマ:illustration

 

暑中お見舞い申し上げます。2017

暑中見舞い2017

7月、活動をサボっていた…ようなところもありますが、会社の仕事が忙しいことと、いかんせん小学一年女児による「はじめてのなつやすみ」を迎えるにあたりやはり忙しく暮らしていたというのが妥当なところです。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 本当は6月も7月も展示会などへの参加活動を考えていたのですが、2017年前半、次々とイベントへ参加したものの、次につながるものや前向きな気持ちが得られていないことで、意気消沈気味でした。やりたいことはたくさんあるけれど、ただ吐き出して終了してしまうのは少しばかりつらい。 この夏を越えたらまた少し活発に動いてみようと思いつつ、ただいまは少し息を潜めてみなさまの目に付かないところで励んでおります。

■どうやって、生きていこうか

複数の占い師さんたちがおっしゃっているのでたぶんそうなのですが、射手座のわたくしは常に、どうやって生きていこうかと考えている生き物らしい。それは生きているかぎりずっとついて回るのだと思います。好きなことを思うままにしながら生きて生きたいのですが、それが「生業」となるにはまだまだなすべきことがある。一生かけて追い求めて生きたい夢であるかどうかを見極めるのにもまだ材料が足りない。 7月は意気消沈しておりましたが、まだまだ走らなきゃなー!という気分でおりますので、引き続きお付き合いいただければと思います。

 

JUGEMテーマ:illustration

【育児4コマ】3次元とは。

【育児4コマ】3次元とは。

7月はなにやらめまぐるしく、気がついたら終わろうとしています。娘の夏休みに入ったらなお更でして(笑)夏休みの話題はまたあとで。この4コマを6月にペン入れしてたのに放置しておりました。。さて本題。

■2次元と3次元のはざまに生きる

私はアニメ作品がとにかく好きで(アニオタです)、だからプリキュアは当然ながら、娘と一緒にアニメをたくさん見ています。というか娘をつき合わせている(笑)別に無理やりとかではない。自然と一緒に見るようになったのと、一応作品は選んでいます。 そんな環境の中、「あれはアニメ で、こっちは実写」という見解を示されてびっくりしたわけです。いやいや実写って言葉を教えたつもりはなかったけどどこで知ったんだろう(笑)当たってるような間違ってるような、でもアニメーションと実写という概念が6歳にしてあるのはちょっと面白いと思っています。なかなかやるじゃないか。

 

JUGEMテーマ:illustration

【育児4コマ】ぱんつガード

【育児4コマ】ぱんつガード

黒ぱんつは女子の必須アイテムだった

私は知らなかったのですが、黒ぱんつ=ブルマ(インナー)はたり前に販売されていた。本当に意識をしておらず、生ぱんつで普通だと思っておりました。さすが女児を溺愛する夫です。お買い物に行ったら「これ」と普通にかごにいれたので、なんだろう?とおもっていたのですよ。いやいや特に転びやすいうちの娘には必須でした。スカートなら絶対必要ですね…!(ほかの子がはいているかどうかは未確認)

 

自意識過剰と思われようと、今の時代、必要ですよね。自己防衛。やるにこしたことはない。入学してからこっち、スカートに黒ぱん必須を当たり前としているので、娘も嫌がったりしません。女児を子育て中のお父さんお母さん、ぜひインナー黒ぱん、お役立てください!

 

JUGEMテーマ:育児

【育児4コマ】おんなのこだもん

【育児4コマ】おんなのこだもん

女子は女子である。

保育園には園庭がなく、あちこちにある公園で遊んでいたということもあり、ズボンスタイルが必須でした。必然的に彼女のクローゼットには、パンツアイテムが増えていきました。

 

小学校に入ったら、同級生たちがのきなみスカート!!!本人も、スカートはいていいんだよね?と期待しているではないか。というわけで、洋裁の先生でもある私の伯母さんが大量に縫ってくれていたスカートを引っ張り出してはかせはじめた。

 

とくに「女児はかくありなん」という強制はしてこなかったつもりだし、3歳くらいまでは私はユニセックスな服を好んで着せていた(本人が男顔なのでそのほうが似合った印象)くらいなのだが、本人がもう「ザ・オンナノコ」な服を自ら好む存在に成長していたのである。 それは応えてやらねばならぬだろう!と、大いに「女児」らしいかわいい格好をさせることにしました。

 

小学校にはTシャツ+スカート。プライベートではワンピ中心。それはもう女子全開。私も、そろそろミシンを購入してワンピースの1枚も作ってあげられるようにならないといけないかなと思うほど。男児のことは未経験なのでわかりませんが、女児育ては母親のスキルアップも求められるので、毎日が挑戦ですぞ〜!